週刊あはきワールド 2019年6月12日号 No.621

症例報告

半年前から悩む腱鞘炎が4回の鍼温灸治療で完治した例

田中鍼灸指圧治療院院長・鍼温灸講習会主催 田中勝 


症例)腱鞘炎が鍼温灸治療で完治した例

患者:女性、54歳、作家。

 半年前から右手関節部が腱鞘炎になっている。手首を内側にひねると痛むので、手首を動かさないようにキーを打って入力していているため、パソコン作業がはかどらない。

1.背臥位での施術
 手関節を橈屈して最も痛む部位を揉んで調べると大腸経の偏歴穴であった。

 鍼はしたことがないということで、極力、痛みを感じさせないようにと美容鍼の02番鍼を斜刺して、刺入した部位を押し手の示指で圧迫して撚鍼した(図1)。ジーンとした気持ちよい感覚が起こった。鍼をテープで止めて、腹臥位になってもらった。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる