週刊あはきワールド 2019年7月10日号 No.625

『霊枢』 を読もう! 第24回

癲狂(精神疾患) 第22

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 眼角が外側に向かって顔面の一方に切れ込んでいるものを、鋭眥(えいし)といい、内側に向かって鼻の近くまで切れ込んでいるものを、内眥といいます。上眼瞼(まぶた)が外眥の部で、下眼瞼が内眥の部となります。

 癲病の始まりは、まず気分が悶々として楽しまず、頭が重く頭痛もあります。両目が吊り上がり、目は赤くなります。発作後には煩心し精神不安になります。病人の顔面を観察することによって、病の発生を知ることができます。治療は、手の太陽小腸経、陽明大腸経、手の太陰肺経などを取り、顔面部の血色が正常になったら止めます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる