週刊あはきワールド 2019年7月17日号 No.626

入江FTシステムによる症例(14)

入江式経別治療による症例(1)

~腰痛症~

寺子屋お産塾 田中寿雄 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 入江式では本治法の経脈治療・経別治療・経筋治療・奇経治療がシステム化されています。今回は腰痛症を経別治療で対処した症例を報告します。

症例1)腰痛・男性・41歳

聞・問診:腰痛は4年前に既往歴がありますとのこと。昨日から自覚があったそうで今日は起床時から酷くて腰を伸ばすことができないとのこと。同僚が付き添っての来院。

診察・診断:入江式では左右の掌診から始めて、左掌にStが感知された (図1~図3) 。左掌の上部・中央・下部診では中央部がSt。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる