週刊あはきワールド 2019年7月24・31日合併号 No.627

横山式熱鍼療法 第5回

横山式熱鍼療法の治療法(1)

~本治法~

順鳳堂鍼灸院院長 横山卓 


◎過去記事≫≫  もっと見る

横山式熱鍼療法の概要

 横山式熱鍼療法の概要については、2月6日号の「◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例」のところで説明したので、それを参照していただき、今号と次号では横山式熱鍼療法で使用している治療法について解説します。今号の治療法(1)では本治法、次号の治療法(2)では標治法について紹介いたします。

治療とは

 病気とは正気の虚と邪気の実の共存、すなわち経絡の過不足により起こったものであり、五行の不調和ともいえます。よって治療とは五行の不調和を正すことでもあります。

 実際上は12の経絡の虚実等としてとらえ五行で解析し五行で治療を行うということになります。

1.治療法
 治療法には本治法と標治法があります(表1)。

表1 本治法と標治法
〔1〕本治法とは…全体的な歪みを正す
東洋医学特有の概念であり全体のバランスをとり各臓器の能力、再生力を底上げすることにより治癒力(生命力)をあげる手法。

〔2〕標治法とは…局所的歪みをただす
症状や異常のある部分を対象とする治療。症状に合わせて行う手法。

 傾いた家を例として本治法と標治法について考えてみましょう(図1)。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる