週刊あはきワールド 2019年8月14日号 No.629

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.64-2

耳鳴の鍼治療法(突発性難聴に対する鍼治療の1症例)

~耳鳴反応点(TRP)の応用例~

明治国際医療大学 鶴浩幸 


◎本シリーズの過去File≫≫  見る

1.はじめに

 前回、私の耳鳴に対する鍼治療法とその考え方について述べた。今回は具体的な症例に対する鍼治療法について述べたい。本症例は突発性難聴の耳鳴・難聴に対する治療である。

2. 症例

患者:5×歳、男性。

初診日:20××年11月2×日。

主訴:左耳の突発性難聴(耳鳴・難聴)。

随伴症状:肩こり。

現病歴:同年6月下旬に左耳鳴が強くなり、難聴が生じた。A病院耳鼻科にて聴力検査などから突発性難聴と診断された。ステロイドなどの薬物療法を受けて耳鳴は少し小さくなったが、聴力は低下したままである。耳鳴が気になる。なんとかもう少し耳鳴や難聴がよくなりたいと思い、鍼治療を希望した。

既往歴:39歳、胆嚢摘出(ポリープ)、その他は特記なし。

個人歴:タバコ(15本/日)、その他特記事項なし。

投薬:これまでに、ステロイド以外で、メチコバール錠(ビタミン製剤)、アデホスコーワ顆粒(脳循環代謝改善薬)、ムコスタ錠(胃粘膜微小循環改善薬)、カルナクリン錠(血管拡張薬)などが処方されている。

所見:肩甲挙筋部、僧帽筋部、菱形筋部などに軽度の筋緊張がある。

音叉を用いた聴力検査1):ウェーバー:右偏倚、リンネ:左右陽性。

THI (Tinnitus Handicap Inventory)日本語版2,3):78点。

HHIA (Hearing Handicap Inventory for Adult) 日本語版3):86点。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる