週刊あはきワールド 2019年9月11日号 No.633

臨床に役立つツボの話 第16話

至陽は咳に限らず、息苦しさ全般、パニック障害やうつ病にもよく使う

結(ゆい)鍼灸院院長 藤井正道 


◎第15話 「月経痛」に三陰交が効果あり!(河原保裕)
◎第14話 素晴らしき角孫(天野聡子)
◎第13話 著効! ストレスに太衝+通里(宮脇優輝)
◎過去記事≫≫  もっと見る

◆至陽の取穴法

 第7・第8胸椎棘突起間に取ります。ほぼ肩甲骨下端の高さです。効くときは押すと痛いです。患者さんからは鍼の得気より、指で押される方が痛いとよく言われます。

 私はツボをとるときは「ここ!」といって軽く指で押して確認することがよくあります。丁寧に指でさぐってというよりは、直感的に指がそこにいきます。

 今はマッサージや指圧はやりませんが、駆け出しの頃はやっていました。マッサージや指圧で指の感覚を養うのはおすすめです。

◆至陽の中医解釈

 上背部は陽中の陽のため陽が至る「至陽」と名づけられました。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる