週刊あはきワールド 2019年9月11日号 No.633

『霊枢』 を読もう! 第27回

病本(病の本と標) 第25

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 まず病があって、その後に気血の逆乱が起こったものは、病が本ですから、まず本を治します。先に気血の逆乱があって、後に病が起こったものは、気血が本ですから、まず本を治します。先に寒邪を受けて後に病が起こったものは、寒邪が本ですから、まず寒邪を治療します。もしすでに病があって後に寒の症状が出てきたのであれば、先の病が本ですから、まずもともとの病を治療します。もし熱病を患っていて、後に他の病気を発症したのであれば、熱病が本ですから、まずその熱病を治療します。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる