週刊あはきワールド 2019年10月2日号 No.636

カイロプラクティック・オステオパシーの臨床応用 第43回

がんばれ! あマ指師

~症状が治せるあマ指師になってほしい~

ホリスティックヘルス大谷治療室 大谷素明 


◎過去記事≫≫  もっと見る

日本のあん摩・マッサージ・指圧

 日本のあん摩・マッサージ・指圧は海外のマッサージセラピーとは異なった独特の術式があります。

 この中でマッサージはもっぱら古典的なスウェーデン式のマッサージを指します。そしてオイルや滑剤を利用するのが基本です。今ではマッサージと称するものの種類は非常に多く、民族系のマッサージや○○マッサージと用いられています。そのような意味でも一般的な総称として用いられていると思います。

 学校ではマッサージは求心性で按摩(あんま)は遠心性だとか言われますが、対象がリンパや静脈であるか筋肉であるかによるので,固定的に考えない方がいいとは思います。国試対策としては固定的に覚えてください。

 日本では按摩という伝統的な手技が脈々と生きています。ホテルで部屋に出張してきていただいて受ける「マッサージ」は、多くは按摩の部類に入るものが多いのではないかと思います。

 江戸時代の『按腹図解』の中の『家伝導引三術』では「解釈、利関、調摩」という三術の記載があって、それは現代的には「揉捏法、運動法、軽擦法」に相当します。単なるマッサージと違って関節の運動法を取り入れていたというのは卓見ですね。

 そして指圧も日本独特ですが、押圧を主とした手技で、背部では脊椎の分節の可動性に重きを置くカイロプラクティックの影響があると言われています。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる