週刊あはきワールド 2019年10月23・30日合併号 No.639

学会レポート(1)

第9回日本中医学会学術総会に参加して

はり・きゅう 仁愛堂 古川順一 


 
 日本中医学会は、中医学の発展、普及を目的に学術集会の開催、教育活動、学術情報の発信、また国内外の学術関連団体との交流を行っている団体です。毎年秋に週末の2日間にわたって開催されている学術集会(第9回日本中医学会学術総会)の模様をお伝えします。

テーマは「次世代につなぐ中医学」


写真1
 今回の学術集会のテーマは、「次世代につなぐ中医学」(写真1)ということで古典をいかに学び継承していくかということでは、東京医科歯科大学大学院の別府正志先生の会頭講演「傷寒論の三陰三陽について~初学者の時こそ押さえておきたい“混乱しない”傷寒論~」やまた、シンポジュウム②「宋以前の古典を中心とした、正しい古典の認識とは」などで古典医学書の内容の再考から示唆に富む提言がなされました。次世代が担っていくだろう新しい中医学の発展分野ということでは、上海藤和クリニックの藤田康介先生の「中医臨床力向上のために 伝統とAIの活用」やシンポジュウム①「中西医結合の最前線」などでは、新しい時代の中医学の発展の形が提示されていました。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる