週刊あはきワールド 2019年11月13日号 No.641

治療家のためのセルフエクササイズ 第42回

筋バランスを整える重要部位12

~協調性編(5) 股関節と体幹(その3)~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 体幹と股関節の関係で最も問題となるのは、伸展です。なぜなら、体幹(腰椎)と股関節の伸展は、人の基本的動作である歩行に関わっているからです。歩いていて腰が痛いのは股関節の伸展が適切に行われず、代わりに腰椎が過度に伸展してしまうことが多くあります。この予防のためにも、腰椎を過度に伸展させないようにしながら、股関節を伸展させるエクササイズが必要なのです。

 以前、背臥位で片膝を抱え骨盤を持ち上げるエクササイズをご紹介しました。このエクササイズは、片膝を抱えることにより、構造的に腰椎を伸展させることなく、殿筋を鍛え、股関節を伸展させるものでした。ここでは、機能的エクササイズとして、膝を抱える代わりに筋肉により体幹を安定させるエクササイズをご紹介します。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる