週刊あはきワールド 2019年11月27日号 No.643

治療家のための薬の基礎知識 第35回

利尿剤と利水剤

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎第34回 血圧と降圧剤 その3
       ~利尿薬~
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 前回までは西洋薬の利尿剤について解説させていただきました。作用する部位や強さは違っても、強制的に体内の水を尿として排出させることは共通しています。利尿剤を服用している患者さんには

・足が浮腫む
・喉が渇く

といった相反する症状が併存していることがよくあります。必要以上に水を排出してしまい喉が渇くのですが、なくてもよい所には水が溜まっている状態です。このような「水の偏在」には五苓散を代表とする「利水剤」が有効です。

利水剤について

 上記のような状態では、足にたまった余分な水を不足している所へ分配すれば問題は解決します。漢方薬にはさまざまな利水剤がありますが、代表的な処方である五苓散(ごれいさん)について解説させていただきます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる