週刊あはきワールド 2019年12月4日号 No.644

東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けて 第14回

ブラインドパラリンピックスポーツ(2)

~5人制サッカー~

筑波大学オリンピック・パラリンピック総合推進室 宮本俊和 


◎過去記事≫≫  もっと見る

Ⅰ. はじめに

 ブラインドサッカー(B1)クラスは5人制サッカーとも呼ばれ東京2020パラリンピック大会の正式競技です。世界選手権などの国際大会も盛んで日本は徐々にレベルアップしています。国内でも地域でリーグ戦や日本選手権が開催されています。

 私は、先日の12月1日に、東京都文京区小石川運動場で行われたブラインドサッカー東日本リーグ2019の決勝戦に行って来ました。私がサポートしたfree bird mejirodai (筑波大学附属視覚特別支援学校のチーム)は、みごと優勝しました。

 ブラインドサッカー東日本リーグ2019は、東日本各地を拠点とするチームが参加して開催されるリーグ戦です。各5チームによる1回戦総当たりのリーグ戦の後、各リーグの上位2チームよる順位決定戦を行います。

 上位3チームには、2020年2月8〜9日に行われるKPMG カップブラインドサッカークラブチーム選手権2020への出場権が与えられます。KPMG カップは、富士通スタジアム川崎で行われますので実際の試合を見に来てください。

 今回は東京2020大会競技のブラインドサッカーを紹介します。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる