週刊あはきワールド 2020年1月15日号 No.649

新米鍼灸師の研修奮闘物語 File.33

Resident.SeのBSL(Bed Side Learning) Diary(33)

~「なーんだ」と脱力してしまう症例でも徹底的に鑑別推論している~

鍼灸レジデント3年目 平岡遼 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 あけましておめでとうございます。2020年もよろしくおねがいします。前回は、電話での医療面接の症例を佐藤先輩に紹介していただきました。その後日、私にも電話で医療面接する機会が巡ってきました。先に結末を言ってしまうと、この症例、午前中に私が電話で症状をうかがうやお昼にすぐ先生方が往診に行ったのですが、蓋を開けてみたら「なーんだ!」と脱力してしまうものでした。しかし、患家に着くまでに医療者側がどれだけのことを考えていたのか、カンファレンスしていただきここまでしっかり臨床推論しているんだ! と感動した症例でした。

<カンファレンス参加者>
佐藤もも子:ともともクリニック
荒川和子:ともともクリニック

■88歳の父が今朝から「左手が腫れている」

 実際の電話対応のやりとりを見ていただく前に、冒頭で結末はお伝えしてしまっているので、患家で先生方が患者さんの写真を撮ったものを先にお見せしてしまいます。

















 左手がびっくりするくらい腫れています。電話をかけてきた患者の娘さんはこの手を見て驚いてクリニックに連絡されました。

12月某日の午前11時半過ぎ
 (トゥルルル)
平岡はい、ともともクリニックです。
??いつもそちらでお世話になっているKの娘です。
平岡こんにちは。どうなさいましたか?
Kさんの娘父がいつもは11時までには朝ごはんを食べに起きてくるんですが、今日は起きてこなかったので様子を見に行ったら左手がとても腫れていて。すごく不機嫌で「寝かせてほしい」と騒いでいるんです。
平岡左手が腫れていたんですか?
Kさんの娘パンパンに腫れていたので心配で。
平岡昨日までは腫れてなかったんですか?
Kさんの娘えぇ、普通でした。
平岡左手はどのあたりですか? 手や指、前腕、上腕などは?
Kさんの娘手が腫れていましたが…、腕はわかりません。
平岡左手以外はどうでしたか? 右手や下半身はどうでした?
Kさんの娘不機嫌で触らせてくれなそうだったので見えるところを見ただけですが、他はそんなことなかったと思います。
平岡痛みは訴えていますか?
Kさんの娘いえ、特に痛そうではありませんでしたが…。
平岡起き上がれているんですか?
Kさんの娘今朝トイレに一人で行っていました。
平岡体温は測りましたか?
Kさんの娘測っていないです。測ってきますね。あとは他に腫れていないかと痛みがないかですね。
平岡はい、お願いします。 (ガチャン)

数分後
 (トゥルルル)
平岡もしもし。
Kさんの娘先ほどのKの娘です。体温は36.1℃で熱はありませんでした。腫れているのは左肘から指先までがパンパンに腫れています。左手と足を見ましたが特に腫れてはいませんでした。痛みは特に感じていないようでした。どうしたらいいでしょうか?
平岡わかりました、ありがとうございます。先生にお伝えしておきますね。

佐藤平岡さん、提示ありがとうございます。では症例をまとめてくださいますか。

平岡はい、患者は88歳男性 Kさんです。

 当院には1カ月おきに定期受診し、アレルギー性鼻炎と前立腺肥大症などの薬を処方している方です。既往に骨髄異形成症候群があり、2-3週間ごとに輸血しています。それから、腰部脊柱管狭窄症があります。手術歴は特になさそうでした。

 現症は、今朝見たら左肘から指先までかなり腫れており、本人は不機嫌で寝かせてほしいと騒いでいるようです。痛みの訴えはありません。左上肢以外に腫れはなく、自立歩行もできており、体温は36.1℃で平熱です。

佐藤なるほど。考えなければいけないことが色々ありそうですね。対面なら腫れの状態や患者さんの様子などすぐに把握できますが、これがわからないのが電話対応の難しさですね。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる