週刊あはきワールド 2020年2月12日号 No.653

外洋客船でゆく、はり旅! 第5回

船をリニューアルしました!

OneSpaWorld 鍼師 天野弘子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 

ドライドックについて

 こんにちは。乗船している船は、シンガポールにて1月4日から1月15日の12日間ドライドックという、造船所にて2年に一度行われる改修工事を行いました。

 通常、船は水に浮いているものです。

 ドライドックでは、船は運河のようなところに入り、水門を閉め、水門の内側にある水を抜くと、船底が姿を現した状態で改修・修繕が行われます。

 船をドライの状態にするために2日間、水上に戻すのに2日間かかりました。

 普段の航海中では見られない船の姿が興味深かったです。


周囲の水を抜いた船。改修が終わり美しくなりました!















 船の出入り口は、地下一階でした。港に停泊するときは、ほぼ水平なところにタラップがかけられます。ところが、船の周りの水が抜かれると、タラップは4階建ての高さで、その上、タラップは金網製で下が見えるのです。ちょっとしたスリルが味わえます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる