週刊あはきワールド 2020年2月19日号 No.654

臨床万事塞翁が馬 その21

私の看板遍歴

大阪漢方鍼医会 森本繁太郎 


◎過去記事≫≫  もっと見る

1.看板はでっかい名刺! ですよね?

 治療院を開設する折の看板は必須なんですが、すでに開業をされている皆様はこの看板に対してどんな想いのもと作ってもらわれたんでしょうね?

 我々が関係しております医業類似行為の広告なんですが、法的には厳しく規制されておりますから、看板に書ける範囲はほとんど決まっているようなものなんですよね。しかし、何とかその網の目をかいくぐって、「大衆の記憶中枢をくすぐりたいなー!」と強く思うのも致し方ないところだと思います。ご多分に漏れずこの私も、若かりし頃にはいろいろとあがいたものでございました。

2.合法ですか? 違法ですか? それとも脱法ですか?

 笑い話にもならないんですが、最初はいろいろとやりましたよ、あがきましたよ。私が初めて開業いたしましたのが大阪府の北にありますT市でしたので、「T総合物療所」なんてな名前をつけたと思ってくださいな。「幾ら何でもこの『物療所』はあかんのちゃうのん!」という助言があったりして、じゃあ「T総合治療所」という看板も作ったのでありました。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる