週刊あはきワールド 2020年3月11日号 No.657

治療家のためのセルフエクササイズ 第47回

筋バランスを整える重要部位16

~立位編(3)サイドチューブプルランジ+チョップ、リフト~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 立位での機能的な姿勢には、片足立ちとスクワットに加えて、片足を前に出したランジ姿勢があります。歩行の時にちょうど両足が地面についている姿勢を想像してみてくださいこの姿勢から、歩幅を少し大きくし、骨盤を地面に近づけた姿勢がランジ姿勢になります(図1)。立位で、動きをトレーニングするときには、主にこの3つの姿勢を考慮に入れると、バランスが取れます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる