週刊あはきワールド 2020年4月1日号 No.660

Dr.シノハラの鍼灸徒然草 第36話

肩が上がりません!

~手太陰経筋病だった肩関節痛の症例~

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 篠原昭二 


◎過去記事≫≫  もっと見る

肩が上がりません

 65歳、男。主訴:左肩関節痛。身長166cm、体重87kg。

職業:農業。 

現病歴
 高血圧、不整脈、高脂血症の投薬治療を受けているが、身体的には特に異常は自覚することなく、ずっと農業を営んでいる。根を詰めて畑仕事をすると時に腰痛が起こるが、しばらくすると消失し、特に異常は感じていない。

 今朝5時過ぎに目が覚めて起きようとした時に左肩関節に激痛が起こり、左手をついて体重を支えようとすると痛みを感じた。着替える時にも前方挙上、外転動作時に痛みを自覚していた。

 5年くらい前に五十肩になり、半年以上かかって痛みはなくなったが、それ以降、今回のような痛みはなかった。

 思い当たる原因はなく、打撲、捻挫等も自覚していない。朝起きた時に突然の痛みでびっくりしたとのこと。

徒手検査
スピードテスト:左陽性、右陰性。
ヤーガソンテスト:左陽性、右陰性。
 天府、俠白付近の圧痛が左側で顕著(上腕二頭筋筋腹)。
 結節間溝部の圧痛が顕著であるが、熱感はない。
ROM:屈曲 左;120度で疼痛、右;180度。外転 左;145度で疼痛(痛みはあるが拘縮及び肩甲骨の連動は無し)、右;180度。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる