週刊あはきワールド 2020年4月15日号 No.662

臨床万事塞翁が馬 その23

ウィルヒョーよ、見たか聞いたか!この偉大なる常識外れの自然治癒力を!

大阪漢方鍼医会 森本繁太郎 


◎その21 私の看板遍歴
◎過去記事≫≫  もっと見る

1.ええっと、骨折です!

 皆様はご自分が骨折をされたり、骨折の患者さんが来院されたりした場合どうされていらっしゃるでしょうか?

 普通は整形外科や接骨院の門を叩いたり、患者さんにはそのような施設を紹介したりされるんじゃないでしょうかね。当然私も同様の対応を患者さんに対しては取っております。

2.Tさんの事

 もう20年ぐらい前にもなるでしょうか、Tさんという30代半ばの男性の患者さんが来院されておりました。彼は当時ブームになっていた「日本百名山」を制覇された強者でありました。来院されるたびに「どこどこの山はどうだったとか、あの山ではこんな事に出くわした」などというような内容の話をよくされておりました。

 私は山登りは全くいたしませんが、山に関する小説は大好きでありますので、彼の山に関する話を聞ける事を心待ちにするような関係でもありました。

3.飲酒運転で転倒

 そういうTさんなんですがある日、「先生、昨日転けて左肩が痛いので診てほしいんですが!」との電話がその日の朝にありました。

 来院されたので、よくよく問診をしてみましたところ、「実は昨夜行きつけのスナックで相当飲みました。その後、いけないとは思ったのですが、オートバイを運転して帰宅しようと思って少し走ったところ見事転倒してしまいました。朝起きたら左肩に少し変な感じがあるので、よろしくお願いします」との事でありました。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる