週刊あはきワールド 2020年4月15日号 No.662

症例で学ぶ入江FTシステム 第23回

入江式奇経治療による症例

~任脈—陰蹻脈・督脈-陽蹻脈を併用した例(2)~

寺子屋お産塾 田中寿雄 


◎第20回 入江式脊椎治療
       ~腰痛・五十肩~
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 任脈—陰蹻脈・督脈-陽蹻脈を併用した処置はさまざまな愁訴に対処できます。前回は第一子を妊娠中で7週目の症例を報告しましたが、今回は妊娠を望まれての症例を報告します。

症例)不妊・37歳

聞診:結婚から1年が経って妊娠しなかったことから、2018年6月~今年3月まで婦人科を受診。検査では夫婦とも異常はなく、タイミング指導・人工授精を4回、今年から体外受精を2月・3月と2回行うも妊娠に至らず、転医を考慮中ですとのこと。

 3人姉妹で姉は自然妊娠で2人の子どもが授かり、妹は不妊治療による体外受精で1人授かっていますと。

問診:10年間の独り暮らしから結婚して1年目10kg、2年目5kgと15kgの体重増加で75kgとのことで、太り過ぎを自覚していますとのこと。

月経状況:月経痛なし。周期は32日。日数は3~4日間。

 下血量を5段階で問うと

1日目:1。
2日目:5。
3日目:1。
4日目:1。

月経後:茶色っぽいおりものが2~3日あり。

月経前症候群:胸の張り・下腹部痛・食欲更新が自覚されるが軽度とのこと。

 冷えは下腹部に自覚あり。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる