週刊あはきワールド 2020年4月22・29日合併号 No.663

治療家のための薬の基礎知識 第40回

新型コロナウイルス感染症と漢方処方(2)

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎第38回 高血圧と塩
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 新型コロナウイルスは傷寒と温病、両方の性質を持っているようで、臨機応変で迅速な対応が必要であるようです。

 現実的には、私達あはき師が現在接する患者さんに対する治療や指導は、自然治癒力を高めるのが目的ということになるかと思います。

 そこで今回は、そのような段階で使用する処方の代表である処方と薬効のある食材を紹介したいと思います。

新型コロナ対策になる桂枝湯の処方と食養生

 傷寒論の最初に記載される処方は桂枝湯(けいしとう)ですが、温病の最初の段階でも桂枝湯が登場します。そして予防の段階ではこの桂枝湯に記載される養生を大いに参考にすることができます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる