週刊あはきワールド 2020年5月27日号 No.667

Let’s はりきゅう遊学 第72話

コロナ休業明けに

~初心不可忘(初心忘るべからず)・幾日、臨床せざれば・鵜呑み厳禁~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 鍼灸の臨床は長期間(4月初めからゴールデンウイークが終わる週末まで)にわたり、不可抗力でコロナ休業をしていたのですが、先日、無事に現場に復帰することができました。その間、毎日ボーっと過ごしたり、ただ遊んでいたわけではありません。急遽、やらねばならなくなった慣れない作業(オンデマンド授業の動画作りとか)など以外に、読む機会があまりない鍼灸関係以外の本を開いたり、運動不足解消に自宅近辺の普段は訪れないところを散歩してみたり、自分なりに有意義に過ごしていたつもりです。

初心不

 「初心忘るべからず」という言葉は有名です。ただ、現在では「物事に慣れると慢心してしまいがちになるが、最初のころのキラキラとした志を忘れてはいけない」というように、本来の意味とは違った使われかたをされていることが多いみたいですが…。

 ステイホーム中の読書をしているとき、世阿弥の『花鏡(かきょう)』の奥段に、つぎのような記載を見つけました。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる