週刊あはきワールド 2020年6月3日号 No.668

緊急アピール14

COVID-19、発生から現時点までの臨床情報のまとめ④

~図表で見るCOVID-19②~

 (1)石川家明(2)木村朗子(3)平岡遼 


◎緊急アピール12 COVID-19の相談症例を紐解く①
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
(1)石川家明:TOMOTOMO(友と共に学ぶ東西両医学研修の会)代表
(2)木村朗子:ともともクリニック院長
(3)平岡遼:ともともクリニックレジデント

 5月25日に緊急事態宣言が解除されたが、東京、神奈川、北海道、福岡では今も毎日10人前後の新規感染者が報告され、5月31日には北九州の小学校でクラスター感染が発生したとのニュースも入ってきた。来たる次の感染拡大の波を抑えるべく気を緩めないように心掛けたい。

 さて前回に引き続き新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての最新の知見を、図表で視覚的に理解できるように提示していく。統計学用語が出てくるが、医療者として最小限知っておきたい範囲に留めているので、文中の説明を読めば理解できると思う。


作製したアクリル板パーティションで刑務所面会者ごっこをする院長
と副院長の図。「お父さん、真犯人は必ず捕まえるから。」


















■COVID-19のリスクについて

 前回はCOVID-19の病原性、感染性について、致死率と再生産数の観点から述べた。致死率については、はじめの武漢のデータから高齢者と基礎疾患がある患者が高くなることが明らかにされてきたが、各国での患者データからさらに詳細な情報がわかってきている。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる