週刊あはきワールド 2020年6月17日号 No.670

症例で学ぶ入江FTシステム 第25回

入江式奇経治療による症例

~任脈—陰蹻脈・督脈-陽蹻脈を併用した症例(4)~

寺子屋お産塾 田中寿雄 


◎過去記事≫≫  もっと見る

その前に

 入江システムはI・Pコード・焼き鍼を利用しますが、鍼灸師の多くの方々はI・Pコード・焼き鍼を使用されるケースは少ないように感じています。しかし、お灸治療が台座灸の登場によって新たな需要を創り出したように、鍼治療においても様々な思考・処置がある現状は鍼治療の発展に繋がる健全な姿であると思っています。

症例1)頚部痛・腰痛・左手示指のツリ・ピアノ講師・48歳

愁訴:症例のIさんは来院のたびに頚部痛・腰痛は必須症状ですが、今回は左手示指のツリが加わった。

聞・問診:1週間前から起床時に筋違いのような痛みが頚部に自覚され、寝起きが辛いとのこと。腰痛は長座位の姿勢ができず、左手示指のツリはコンサートを控えてのことが影響していると思いますと。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる