週刊あはきワールド 2020年7月8日号 No.673

『素問』 を読もう! 第2回

重広補注黄帝内経素問序

王冰 撰

欅鍼灸院 名越礼子 


 
 難しい所を、やさしく解釈し、真気を導引し、気を流れやすくする。人々を健康に導き、寿命をのばし、後退から解放し、健康を手に入れる。三経道でなければ達成できない、これを大道という。孔安国の序『尚書』にいう:伏羲(ふっき)、神農、黄帝の書、いわゆる三墳(ふん)、これを大道という。

 班固(はんこ)が『漢書・芸文志』にいうところが、黄帝内経18巻である。『素問』は経の9巻である。『霊枢』の9巻も兼ねる。

 年月を経て、その教えは引き継がれたが、時代によって、時には分からなくなるものもある。71巻は師氏の蔵となっている。今は8巻のみである。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる