週刊あはきワールド 2020年8月12日号 No.677

外洋客船でゆく、はり旅! 第11回

クルーズ船における新型コロナウイルスの影響 (6)

OneSpaWorld 鍼師 天野弘子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 今回は、新型コロナウイルスの影響を受けたクルーズにおいて、乗客が下船してクルーだけでカンボジアからフィリピンに到着するまでについて書きます。

乗員のみ1日目:2月20日 カンボジア・シアヌークビル

 前日までに乗客が全員下船し、乗員のみが乗船しています。スパはクルー用にオープンしていました。

 この日は、スパで取り扱っている漢方の在庫を確認するように本社から指示がありました。

 通常、在庫確認は3カ月に一度です。前回の在庫確認は、ひと月前の船の改修のときに行いました。特別に在庫確認が依頼された理由は、「漢方のボトルに消費期限が印字されていないものが発見されたため」とのことです。11種類ある漢方は、合計で約600本ありました。

 そして、前日に行ったPCR検査の結果が出ました。乗員全員陰性でした! クルーズラインのブログに発表されました。発表の内容を表1にあげます。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる