週刊あはきワールド 2020年8月19日号 No.678

臨床万事塞翁が馬 その27

おお神よ、力を抜く力を我に与えよ!

大阪漢方鍼医会 森本繁太郎 


◎過去記事≫≫  もっと見る

1.脱力

 どんな世界であっても「力」のコントロールさえできますれば、その人は一流なんだとよく言われておりますよね。事ほどさように、人間にとって力を自由自在にコントロールする事が、いかに難しいかという事なんでしょうが…。我々鍼灸師の世界でもこれができた瞬間、己の治療の腕がぐぐんと上達するんです。という事で、今回はこれをテーマにさせていただきますね。

2.脱力を意味する言葉たち

 だらんとする、緩んだ状態にする、弛緩する、緊張をほぐす、緩くする、弛ませる、緊張をなくす、ぶら下げる、緊張を解く、余裕を持たせる、落ち着く、リラックスする、気を緩める、力を抜く、憩う、休息する、精神を解放する、慌てない、肩肘を張らない、気持ちを楽にする、気を抜く、緊張を緩める、ジタバタしない、動揺しない、心を解放する、バタバタしない、取り乱さない、右往左往しない、あたふたしない、楽にする。流石ですね、たくさんありますね。という事はですよ、力を抜くという事はそれほどに難しい事なんでしょうね、凡人にとりましては。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる