週刊あはきワールド 2020年8月19日号 No.678

症例で学ぶ入江FTシステム 第27回

入江式奇経治療による症例

~任脈—陰蹻脈・督脈-陽蹻脈を併用した症例(6)~

寺子屋お産塾 田中寿雄 


◎過去記事≫≫  もっと見る

その前に

 YouTubeでDIYのサイトを検索すると多くの人たちが発信されている。私が興味深く拝見しているサイトは「100万円で買った家」と題して、10年間放置され荒れ果てた敷地と家屋を、独りで取り組んでいるDIYの全貌を紹介され、快適な住まいに変貌させている様子に驚いている。

 さて、鍼灸師はさまざまな愁訴と向き合う機会がありますが、お灸をアドバイスすれば、DIYの取り組みが可能であり、前回の「任脈—陰蹻脈・督脈-陽蹻脈を併用した症例(5)」に続いて考察:足三里(2)で私見を述べてみます。

症例)妊婦さんの腰痛の症例の続報

 第22回では第一子の妊娠7週を迎えた妊婦さんが、腰痛を訴えて2月4日に来院された症例を報告しました。今回はその後の報告です。

4月10日:「16週を迎えました」と来院。胎児と母体の応援を目的に安定期の目安となる16週を迎えられた時期から三陰交のお灸を勧めていたからであり、保育士の仕事は明日からお休みですとのこと。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる