週刊あはきワールド 2020年8月26日号 No.679

治療家のための薬の基礎知識 第44回

感染症と抗生物質

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 風邪やインフルエンザで受診した場合に、抗生物質を処方されることがあります。そのため、ウイルスにも抗生物質が効くと誤解している患者さんがいらっしゃいます。

 「予防のために抗生物質を飲みたい」という高齢の患者さんがいらっしゃいましたが、若い頃、元気がない時は病院に行ってペニシリンを注射してもらっていたとのことでした。

 この患者さんには、新型コロナウイルスには抗生物質は効かないどころか腸内細菌叢にダメージを与えるなど免疫力を低下させ副作用の方が多いため、無闇な服用は危険であることを説明しました。

抗生物質が効くのは細菌

 細菌とウイルスはどちらも肉眼では見ることができず小さいのですが、その2つのサイズはまったくといっていいほど異なります。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる