週刊あはきワールド 2020年9月2日号 No.680

Dr.シノハラの鍼灸徒然草 第41話

子宮脱は治りませんか?

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 篠原昭二 


◎過去記事≫≫  もっと見る

子宮脱は治りませんか?

 69歳、女性。主訴:子宮脱。身長160cm、体重56kg。

現病歴
 知人の勧めで受診した。半年ぐらい前から下腹の牽引感のような不快感が徐々に強くなり、近医を受診したところ、子宮脱を指摘され、手術を勧められた。

 特に雨天や梅雨時になると症状は強くなる気がする。

 2年前ぐらいから、突然下肢の脱力感に襲われて立てなくなることがあった。整形外科を受診するも原因は分からず、特に治療もしていない。

 ときどき右股関節の違和感があり、起座動作や踏ん張る動作をするときに軽度の痛みを自覚するが、痛みで動かせないようなことはない。

 3年ほど前から、早朝高血圧で、下が100mmHg前後のことが多い。2カ月前に海外旅行の前日に下の血圧が上がり、不安で内科を2件受診するも、いずれも「問題ありません」とのことで特に薬も投与されることもなく、旅行に行ったが、特に異常は起こらなかった。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる