週刊あはきワールド 2020年9月9日号 No.681

治療家のためのセルフエクササイズ 第53回

筋バランスを整える重要部位22

~体軸編(3) Yバランス~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 日常生活で知らず知らずのうちに生じる慢性の腰痛、そして膝の痛みなどを考えるときに、体幹の機能的な筋力を無視することはできません。機能的な筋力とは、実際に用いられる身体動作の中で用いられる筋力です。

機能的体幹筋力とエクササイズ

 例えば、いわゆる腹筋運動といわれる、背臥位での上体起こしは体幹の機能筋力を測定しているとはいえません(図1)。なぜなら、仰向けになっている状態では多くの筋肉が休んでおり、上体を起こすために腹直筋を中心とした体の前側の筋だけが主に使われるからです。その点、腕立て伏せの開始姿勢にも似たプランクエクササイズは、手と足趾以外は空中にあり、この姿勢を保つために体幹の前後左右の多くの筋が関与しており、上体起こしより機能的といえます(図2)。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる