週刊あはきワールド 2020年10月7日号 No.684

シリーズ<いやしの振る舞い学>を工夫する 第9回

鼠と話すのもなかなかつかれる~治療家のイニシエーションの物語~(3)

5.子どもの孤独 6.「花は紅、柳は緑」に見える世界

いやしの道協会会長 朽名宗観 


◎過去記事≫≫  もっと見る

5.子どもの孤独

 祖父母、両親、孫の三世代のうち、祖父母と両親の関係が変わったばかりでなく、両親と子どもとの関係にも異変が生じているようだ。それを示す一つの例として、不登校・引きこもりの問題に精神科医として取り組み、不登校児のための高校まで開校し、吉川英治文化賞を受賞した森下一氏の文章を引用する。

 「今の日本の子どもたちは、心の底から、安心してかかわれる人との出会いをもっていないのです。仮にもっていたとしても、ごく少数です。
 父さん母さんは、自分たちは一生懸命生きているから、その思いは子どもたちに伝わっていると思っているでしょうが、子どもたちはそう思っていないのです。当たり前のこととしてしか、受け取っていないのです。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる