週刊あはきワールド 2020年10月28日号 No.687

治療家のための薬の基礎知識 第46回

抗生物質と腸内細菌叢

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 抗生物質の副作用は数多くありますが、今回は胃腸障害を伴う下痢の副作用症例です。

症例)60代女性 主婦

 食欲が出ず、2カ月で体重が5kgほど減った。原因がわからず、大きな病気ではないかと思い検査をしたが、異常は認められなかった。食べると下痢をしてしまうので、食事をするのが恐怖である。

 大きな病気はしたことがないが、2カ月前に膀胱炎にかかり、なかなか治らなかったため結果的に抗生物質を1カ月近く服用していた。問診中に、ちょうど服用し始めてから胃腸障害の症状が出たことに気づかれたが、服用を止めてもう1カ月も経っているので関係ないのではないかと思っていたようである。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる