週刊あはきワールド 2020年11月4日号 No.688

症状別、困ったときのこのツボ 第13回

生理痛・不妊症など婦人科トラブルの人が来たら

新医協鍼灸部会会長・関東鍼灸専門学校講師 手塚幸忠 


◎過去記事≫≫  もっと見る

1.血海に刺鍼するだけで、一瞬で瘀血が取れる?

 以前、新聞か雑誌に書かれていた「鍼灸にはまってしまった」という医師の記事を読んだ。そこには「血海に鍼をすると一瞬で瘀血が取れて面白くてしょうがない」ということが書いてあった。当時私は婦人科疾患の治療で思うように効果が出せずに困っていたので、この記事を読んだ時には「そんな訳ないでしょ」と思って信じていなかった。

 ある時、生理痛がひどいという患者さんが来て、その記事を思い出した。お腹を触ってみると瘀血の所見がある。そこで、半信半疑で血海穴に刺鍼をしてみた。すると腹部にあった瘀血所見が全てなくなっていた。「瘀血に血海」というのは何となく聞いたことはあったが、一瞬で効果が出ることに驚き、ツボの威力というのを思い知る良い経験となった。

2.瘀血とは

 東洋医学では瘀血という言葉がよく使われる。しかし、実際に私が臨床に出たころは、瘀血がどういうものなのかがよく分からなかった。

 学校教科書や辞書では以下のように説明されている。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる