週刊あはきワールド 2020年11月25日号 No.691

Let’s はりきゅう遊学 第78話

心許なく

~技量不足の非金儲け主義・嚥下困難の名灸穴~

お灸とハリ治療の専門家 福島哲也 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 先日、日本伝統鍼灸学会の総会および第48回学術大会があったので、私は会場参加してきました。今年は例年とは違い、会場(参加人数制限で先着50名)とZoomでのオンライン配信とのハイブリッド形式でしたが、今後はこういう感じが増えてくるんでしょうかね。また、会員限定の賛助会員の各会派による「外寒病(風寒表証)の治療について」(ビデオデモンストレーション)を拝聴し始めたのですが、配信期間中に全部視聴できるかが心配なのです。

 早く、対面での実技ありの講習会などが普通に行える日がくることを、密かに願っています。

技量不足の非金儲け主義

 今年の10月上旬から、脳梗塞の後遺症で両手足の痺れを主訴とする患者さん(男性・70歳代前半・手足の運動麻痺はありません)の治療をしています。

 ご本人曰く、「去年の正月に脳梗塞を発症しとある病院に救急で入院し、3カ月ほどで追い出されて、別の病院に転院してリハビリをやっていたら、そこで黄疸だといわれて胆嚢炎を手術(内視鏡)した。そのあと、しばらくして自転車で転倒して左のあばら骨を4本折った。もう満身創痍だよ」と笑っていました。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる