週刊あはきワールド 2020年11月25日号 No.691

阿是指圧による体にある4つの首の治療 第36回

4の首(腰)の治療

~その10 腰痛治療の手順 ③鼡径部の指圧~

日西指圧学院 小野田茂 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 前号から腰痛治療の手順に沿って説明しています。前回は、「1.腰部の牽引」「2.腰部と仙骨部の仰臥での指圧」についてでした。今回はその続きです。

3.鼡径部の指圧

鼡径部の位置(図1)
 鼡径部(そけいぶ)とは、左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。解剖学的には恥骨の左右の外側・股関節の前方部にあたる。股間を構成する主要部分の1つである。この部分の下方には鼡径靭帯(鼡径靭帯)があり、その下を下肢へと向かう動脈・静脈・リンパ管・神経などが走っている。


図1





















鼡径部痛の主な原因
1)鼡径ヘルニア
 鼡径部すなわち左右の脚の付け根の部分から、腸や卵巣、内臓脂肪などが腹部から皮膚のすぐ裏側まで飛び出してしまう病気。一般的には「脱腸」と呼ばれている。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる