週刊あはきワールド 2020年12月16日号 No.694

両手刺手管鍼法へのいざない32

一から学ぶ両手刺手管鍼法

~第3回 序盤刺入~

あんしん堂鍼灸院院長 宮村健二 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
〔ご案内〕
 偶数月の第3水曜日号で両手刺手管鍼法へのいざないをお届けしています。今回は、一から学ぶ両手刺手管鍼法の第3回目で、序盤刺入を扱います。

 直刺と斜刺を対象とする両手刺手直・斜刺管鍼法の作業工程は、新弾入、序盤刺入、本格刺入の3ステップで構成されています。

◆序盤刺入総論

【言葉の意味】
 序盤刺入は、弾入の後鍼道ができるまで、約10mmの刺入です。

 鍼道は、これから先(未来)の刺入路のことです。

 序盤刺入終了時点の刺入長は、その前の弾入で4mm入っているので、合計で14mmです。

 刺入長がこの程度の長さになると、刺入長自身がこれから先(未来)の刺入路即ち鍼道を誘導する力をもつようになります。つまり、鍼はある程度入ると、それ以降は鍼道に引かれて進みやすくなるということです。

 そうなると、鍼を押したとき鍼尖はスッと沈み込みます。この感覚をもって、臨床では「鍼道ができている」と表現します。

 序盤刺入は、この鍼道ができるまでの刺入ということです。

◆浮き管・U

【言葉の意味】
 弾入の後上刺手で鍼管を20mm持ち上げ、鍼の途中の高さでキープし、これを浮き管と呼びます。Uで略称します(図1)。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる