週刊あはきワールド 2020年12月16日号 No.694

臨床万事塞翁が馬 その31

クリーニングしてますか?

大阪漢方鍼医会 森本繁太郎 


◎過去記事≫≫  もっと見る

1.治療室にクリーニングを

 「皆様、皆様はちゃんとクリーニングはやっていらっしゃるでしょうか?」てな事を冒頭からお尋ねしますと、「じゃかましい! うちはクリーニング屋じゃねえ!」とのお叱りを頂きそうですね。確かにそうなんです、私も皆様もクリーニング店ではなくて鍼灸の治療院の経営に携わっております。それに治療用のベッドシーツや枕カバーや白衣などはきちんとクリーニングはされているはずですよね。

 じゃあ何故ここに「クリーニング」なんてな言葉が出てきたかを、この後じっくりご説明させていただきましょうぞ。

2.患者さんの毒

 またまたお尋ねいたしますが、皆様の治療院には「毒を持った患者さん」や「癖の悪い患者さん」が来院される事はないでしょうか?

 言い換えますればですが、治療家として人間として苦手な患者さんの事なんですが……。治療が終わった途端、こちらに「どーっ」と疲れが押し寄せてくるような感じの患者さんですね。帰られた後で治療院の玄関に塩でも撒きたくなるような気持ちにさせられる患者さんの事でもあります。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる