週刊あはきワールド 2021年1月13日号 No.697

ヨーロッパ指圧浪越レポート

コロナに負けない指圧を前面に打ち出し、イタリア指圧界のレジェンドを悼む

~ポリドリ先生追悼セミナー2020開催される~

ヨーロッパ指圧浪越代表 小野田茂 



参加者とスタッフ全員の距離を取った集合写真











コロナ禍にポリドリ先生が亡くなって10カ月

 イタリア指圧浪越代表だったアルベルト・ポリドリ先生がお亡くなりになり、10カ月が過ぎました。ヨーロッパに新型コロナウイルスの猛威が吹き荒れ出した昨年の冬に喉頭がんで、お亡くなりになりました。

 普通であれば、この夏前にイタリアか、スペインのどちらかを開催地にして追悼セミナーを開催するつもりでしたが、ご存知のようにヨーロッパでは、アメリカに次いで新型コロナウイルスが暴れ回っています。

免疫力アップ効果のある指圧が注目!

 やっとワクチン接種が始まったとはいえ、2021年1月の冬のヨーロッパは、以前にもまして感染者数、死亡者数が倍々に増加の一途をたどっています。そんな中、幸いといっては何ですが、ウイリスの後遺症、免疫力を高めることに関心が深まり、指圧がクローズアップされています。

 全身治療の指圧は、免疫力を維持および向上させるにはもってこいの治療です。治療はもちろんのこと自己指圧でも、体の調子を知ることと免疫力をアップすることが可能です。このことを皆様に知っていただくことが、ポリドリ先生の供養につながると思い、あえてこの嵐のコロナの状況下の2020年12月22日、暮れの押し迫った時期にマドリッドのホテルのサロンを借り切って、ポリドリ先生指圧追悼セミナーを開催しました。

ソーシャルディスタンスを保つため、参加者は60人限定

 ホテルは、イルウニオンといういつも使用しているところです。ホテル側もこの時期に一日貸し切りということで大変親切な対応をしてくれました。


参加者のソーシャルディスタンス













 なお参加者と参加者の距離をソーシャルディスタンスに保つために、参加者は60人限定で募集しました。すると、幸いにもこの趣旨に賛同してくれる全スペインの浪越系の指圧師に応募していただき、2日間でsold-outになりました。結局、スタッフの25人を含め計約90人の参加者での開催となりました。

追悼セミナーではコロナに負けない指圧を前面に打ち出す

 セミナーはいわば、ポリドリ先生の追悼目的ではありましたが、内容はコロナに負けない指圧を前面に打ち出したものになりました。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる