週刊あはきワールド 2021年1月20日号 No.698

全力で治す東西両医療 第49回

オンラインで臨床実習はできるのか

~アンケート報告とお返事③~

 (1)石川家明(2)木村朗子(3)平岡遼 


◎第48回 オンラインで臨床実習はできるのか
       ~膝痛は触診ができないと鑑別ができない②~
       (石川家明・木村朗子)
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
(1)石川家明:TOMOTOMO(友と共に学ぶ東西両医学研修の会)代表
(2)木村朗子:ともともクリニック院長
(3)平岡遼:ともともクリニックレジデント


写真1 オンラインセミナー(ZOOM)の様子









 COVID-19の流行でオンラインに変更を余儀なくされたセミナーの受講生たちの声を届けます。

 神奈川県鍼灸師会のサイゼミヤ(災害鍼灸医療研修会の通称、2017年から開催)から始まり、その後東京都有志との合同で「災害医療ゼミナール」と称して始めました。オンライン化になった当初、顔が見えない、実習ができないなどの不安があり、またZOOM使用も初めての試みで一時はどうなるかと不安でしたが、試行錯誤ながら1年間12回の連続勉強会を終えました。終盤アンケートを行い受講生の感想と意見をお尋ねしたので、その結果と私たちの回答を供覧いたします。

 常時40~50名のご参加で、鍼灸師、柔道整復師、看護師、薬剤師、医師、鍼灸学生、医学生と多彩な参加者で楽しく会を開いています。2月10日からシーズン2「全10回 全米が笑った! バイタルサイン実践編」が始まります。平易な症例について検討しながら積み重ねて学んでいきますので、ぜひ初回からご参加ください。

【アンケート結果】



図1 理解度















図2 参加回数














図3 来期の参加希望












(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる