週刊あはきワールド 2021年2月10日号 No.701

治療家のためのセルフエクササイズ 第58回

全身運動連鎖のための部分エクササイズ(2)

~股関節伸展動作:ヒップリフト②~

ATC&鍼灸師 山下貴士 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 エクササイズを用いてリハビリを行っていると、どうしてもエクササイズの数が増えてしまうこともあります。そのため、患者さんや選手たちも多くのエクササイズをこなすことに集中してしまい、一生懸命エクササイズを行っているにもかかわらず、効果が思わしくないことがあります。

 エクササイズを数多く行っても、間違った方法で行っては、時間のロスや誤った体の使い方を覚えてしまいます。そのため、時には数多くのエクササイズを行うより、一つのエクササイズを正確に行い、そのバリエーションを増やすことの方が有効なこともあります。

 前回は全身運動をスムーズに行うための重要個所として、4種類のヒップリフトを用いて股関節の伸展運動の改善法を取り上げました。ヒップリフトはバリエーションも多く、前回だけではお伝えできなかったメリットもあります。今回はそれらのポイントと、ヒップリフトの股関節伸展運動以外の効果についてもご紹介したいと思います。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる