週刊あはきワールド 2021年2月10日号 No.701

『素問』 を読もう! 第8回

陰陽離合論篇(陰陽の範疇と作用について)第6

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
黄帝余は、天は陽であり、地は陰、日は陽、月は陰であり、月は日々その大きさを変えながら360日で1年になり、人もまたそのように四季の陰陽に対応していると聞いている。しかし今、人の三陰三陽と天地の陰陽は応じていないようだが、これはどういうことか?
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる