週刊あはきワールド 2021年3月3日号 No.704

症状別、困ったときのこのツボ 第17回

股関節を動かすと痛みがあるのですが…という患者さんが来たら

新医協鍼灸部会会長・関東鍼灸専門学校講師 手塚幸忠 


◎過去記事≫≫  もっと見る

1.女性に多い股関節の痛み

 先日、股関節の痛みで悩む女性の患者さんが来た。以前から、長時間立っていたり、重い物を持ったり、疲れたりすると症状が悪化する。現在5歳と1歳の子供の子育て中ということで、日々の生活に股関節痛が悪化する条件がそろっている。

 病院で検査したところ、先天性の臼蓋形成不全があるという。臼蓋形成不全とは、寛骨臼の形態異常のことで、大腿骨頭に対して寛骨臼が浅く、股関節が不安定になっている状態をいう。先天的なものと後天的なものがある。

 日本人では成人男性の0~2%、女性の2~7%が形成不全といわれており、変形性股関節症の発症リスク因子とも考えられている。変形性股関節症は女性に多い。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる