週刊あはきワールド 2021年3月24・31日合併号 No.707

阿是指圧による体にある4つの首の治療 第40回

4の首(腰)の治療

~その14 腰痛治療の手順 5.腹部の手掌部での指圧(3)~

日西指圧学院 小野田茂 


◎過去記事≫≫  もっと見る

5.腹部の手掌部での指圧(3)

 腹部の手掌圧での指圧のつづきです。

8)肝部(図1、図2)
 肝腎要の肝部です。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。症状として痛みを伴うものは稀です。肝臓に痛みの症状が現れた時は、手遅れの場合が多いと昔から言われています。

 肝臓の作用としては、

①血液の貯蔵
②解毒作用
③胆汁の分泌
④グリコーゲンの合成、貯蔵、分解
⑤赤血球の破壊
⑥血獎たんぱくの合成
⑦尿素の合成

などが挙げられます。

 右季肋部全体を肝部とします。特にこの部位は、時間をかけて施術するのは当然のことではありますが、圧するというよりは手掌部で包み込むような手掌圧を試みます。時には、5分以上手掌を当てておく場合もあります。丹田部同様に単純な手当て治療を優先します。

 自己指圧においてもこの部位は重要部位ですが、特にホットカイロで日常温めたりして、肝部をいつもケアします。また怒ると肝を傷つけるといわれるように、日常の日々の摂生、不摂生が、如実に現れる部位といえます。

 よくお酒との関係を問われることがしばしばありますが、深酒は体にいいわけがなく、できれば適飲がこれに越したことはないとも言えます。

 日本人は、お酒をたしなむと顔が赤くなる人を多く見かけます。ヨーロッパ人は稀です。このことは、日本人はもともとアルコール分解酵素が極端に少ないという遺伝子の影響があるようです。

 日本の習慣として、お酒の失敗は、極端にお許し傾向が優先しますが、ヨーロッパではアウトですので、この辺は要注意ということが言えそうです。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる