週刊あはきワールド 2021年4月14日号 No.709

■インタビュー 『ゆがみ取りSPAT』の著者・鹿島田忠史氏に聞く!

ゆがみ取りSPATはいかにして生まれたか(下)

~それは朝の入浴中に閃いた!~

 【聞き手】あはきワールド編集人 


 
前号では、ゆがみ取りSPATの開発者である鹿島田忠史氏が一流大学を出て有名企業に就職するも4年で挫折。脱サラし、あマ指師、柔整師の資格を取得し、操体法と出合い、操体法の創始者である橋本敬三氏の温古堂で研修生活を送ったところまで、話を聞いた。今号では、治療家としてスタートしながらなぜ医師を目指したのか、そして操体法をベースにしたゆがみ取りSPATがどのようにして生まれたのか、その誕生秘話などに迫ってみる。

研修終了後は実家の治療院で試行錯誤の日々

―― 温古堂での研修を終えてどうされましたか?
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる