週刊あはきワールド 2021年5月5日号 No.712

Dr.シノハラの鍼灸徒然草 第49話

肩腕痛の症例

~肩甲骨から上腕にかけて痛むんですが~

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 篠原昭二 


◎第48話 肩こりの症例
       ~肩が疼くんですが~
◎過去記事≫≫  もっと見る

先生、肩甲骨から上腕にかけて痛むんです!

 19歳、女性。主訴:左肩腕痛。身長158cm、体重50kg。

肩腕痛の症例
 体育の授業で体を動かしているうちに、左の肩甲骨の内側付近に違和感があったのですが、終わってから重だるい感じがし始め、その後、両肩を後ろに寄せるような動作をしたり、左肩を後ろに引くような動作をすると肩甲骨内側部のモヤモヤ感とともに、肩甲骨から上腕外側にかけて痛むんです……とのこと。

 そこで、肩甲骨付近を触擦すると、魄戸のところに大豆大のしこりと圧痛を認める。しかし、肺兪の反応はそれほどでもない。

 風邪症状の有無や、前日に体を冷やしたり、咳、痰、鼻水について尋ねても、症状はないとのこと。

 ついで、肩甲骨部分を見ると、天宗などの棘下窩には特に異常はなく、どこを押さえても気持ちが良いとのこと。ところが、棘上窩を押圧すると、棘上筋部の顕著な圧痛を認める。肩外兪から肩中兪にかけての肩甲挙筋を見ると緊張、圧痛が認められる。さらに、肩貞から臑兪にかけて確認すると、深部の硬結、圧痛がある。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる