週刊あはきワールド 2021年5月19日号 No.714

両手刺手管鍼法実践コラム 第25回

両手刺手管鍼法の練習

あんしん堂鍼灸院院長 宮村健二 


◎第24回 鍼ノイズ
◎第22回 三つの管鍼法
◎過去記事≫≫  もっと見る

【ご案内】

 奇数月の第3水曜日号で両手刺手管鍼法実践コラムをお届けしています。

 今回は、両手刺手管鍼法の練習を取り上げます。

◆練習のコツ

 両手刺手管鍼法は、押手による組織の弾性やコンプライアンスとの兼ね合いの配慮がほとんど必要ないことから、基礎実技については刺鍼練習器での練習が有効です。その場合のポイントを整理してみます。

1.直・斜刺について
1)技術について

(1)ベッドと椅子の高さを調整します。目処は、施術の操作面が眼前の高さ(椅子座面の上方40cm~50cm程度)になることです。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる