週刊あはきワールド 2021年5月26日号 No.715

阿是指圧による体にある4つの首の治療 第42回

4の首(腰)の治療

~その16 腰痛治療の手順 6.両手重ね四指による指圧(2)~

日西指圧学院 小野田茂 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
8)肝臓部(図1、図2)
 右季肋部全体を肝臓部と定めます。手掌部での最初の操作で沈黙の臓器を温めました。次は、右下季肋部全体をゾーン、ライン、ポイントとして指腹で内側上方の押上げ気味に圧します。実際、お酒を飲んだ翌日は、この部分の膨張感が触診で判断できます。原始的なようですが、日々のこの部分の自己指圧は、肝心かなめの肝をケアするということで、長生き(長息)につながることは、間違いないようです。


     図1                                  図2

















(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる