週刊あはきワールド 2021年6月9日号 No.717

クルーズ船ではり旅をするための漢方入門 第2回

腰痛の鍼治療と漢方(1)

One Spa World 鍼師 天野弘子 


 
 わたしがクルーズ船で鍼治療した中で、一番多い症状が腰痛です。そのはり師によって得意分野が異なるので、一概には言えませんが、「運動・マッサージなどでは十分な効果が得られない」、「慢性化していて色々試したけど完全には治らない」という場合に、今までに試したことのない改善方法を求めてはり治療が選択されることが多いからだと考えています。

 ひとくくりに「腰痛」と言っても、証によってはり治療と漢方のアプローチ方法は異なります。「腰痛」に対して処方する漢方もいくつかあります。腰痛の第1回目は、中年以後の腰痛に対するファーストチョイスの漢方について取り上げます。

・中年以後の腰痛に対する漢方薬

英語の商品名:BACK AND KNEE FORMULA(腰と膝の処方)
英語の漢方名:DU HUO JI SHENG FORMULA
日本語の漢方名:独活寄生湯

英語の説明:A traditional supplement that aids in the relief of minor aches and pains. Made with 100% USDA Organic Ingredients. Jou is dedicated to using only the purest, highest quality, organic herbs. Most of the herbs in our range are grown in China and are harvested from specific bio-regions.

:気血両虚・肝腎不足の風寒湿痺
働き:祛風湿、散寒、止痛痺、益肝腎、補気血
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる