週刊あはきワールド 2021年6月23・30日合併号 No.719

治療家のための薬の基礎知識 第54回

ワクチンの歴史

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎第52回 消毒薬について
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 天然痘は、かつて死に至る病として恐れられていました。そして唯一、ワクチンで根絶された病気が天然痘です。天然痘から回復した人が免疫を獲得することは、紀元前430年までにはすでに判明していたようです。

 古代の中国やインドでは「人痘接種」という方法が取られていました。天然痘患者のかさぶたをすりつぶし、健康な人の皮膚に傷をつけて擦り込んだりして感染させる方法です。しかしウイルスを含む膿を直接体内に入れるこの方法は死亡率が2~3%と高く、接種された人が他の人にうつす可能性もある危険な方法でした。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる