週刊あはきワールド 2021年6月23・30日合併号 No.719

『霊枢』 を読もう! 第46回

順気一日分為四時(1日における病状の変化)第44

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
黄帝諸々の疾病の始まりは、必ず燥、湿、寒、暑、風、雨などの外感病邪から起きているか、あるいは喜怒などの感情の起伏、飲食の不摂生、居所の不適合などの内傷から起きており、邪気が体内で正気と争い、症状が現れ、邪が内臓に入ると一定の病名がつく、ということを余は知った。これらの疾病は、たいていは、朝はさわやかで気分がよく、昼間も安定しており、夕方になって病勢が重くなってきて、夜半にひどくなる、というような状況があるが、これはどういうわけか?
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる